成分が気になるマルシェボンの石鹸!メーカーに問い合わせてみた

先日、イオンに入っているGlam Beautique(グラムビューティーク)というショップで、とってもかわいい石鹸ブランド、マルシェボンを発見しました。

マルシェのようなディスプレイがされていて、ストロベリーやネロリ、ライチ&ピオニー、あんこなど、女性が好きそうな種類の石鹸がたくさん!

ダマスクローズの石鹸もあったので、買ってきました。

今回は、マルシェボンクリアソープ(ダマスクローズ)を使った使用感と、石鹸に使われていた気になる成分についてメーカーに問い合わせた結果をお伝えします。

ねこのぐれちゃん
ぐれちゃん
とってもかわいい石鹸だね。
ところで、気になる成分って何?
美容ライターなぎさ
なぎさ
主にラウリル硫酸ナトリウムとラウレス硫酸ナトリウムよ。
合成界面活性剤と言われていて、危険性があるとかないとか色々論争がある成分なの。
お肌や健康に問題がないのか、聞いてみたよ。

マルシェボンはどんなブランド?

MARCHEVON(マルシェボン)は、ペリカン石鹸が日本人の肌に合わせて作った、石鹸のブランドです。

ねこのぐれちゃん
ぐれちゃん
ペリカン石鹸って聞いたことがあるような気がする。
結構老舗の会社だよね?
美容ライターなぎさ
なぎさ
HPには昭和22年4月と書かれていたから、結構昔からある会社ね。
帝国ホテル、ハイアットグループ、阪急ホテルズなど、高級ホテルがペリカン石鹸のバスアメニティを採用しているんだって。

マルシェボン クリアソープ(ダマスクローズ)の製品情報

__________________
ダマスクローズ*
〜肌のキメを整える〜
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
“アーユルヴェーダ”と呼ばれるインドの健康法に使われてきたダマスクローズは、肌を柔軟にし、ツヤを与え、キメを整えます。
濃厚なアロマが人気の石けんです。

(*モイスチャーベール成分として、ダマスクバラ花水を配合/ダマスクローズの香り)

出典:マルシェボン 石鹸屋さんの自家製せっけんFACEBOOKページ

見た目がとってもかわいい!

ピンクのボデイの中に、赤いパプリカにもゼリーにも見える細長いものが入っています。

成分の記載に着色成分である酸化鉄とマイカがあったのでその安全性と、赤いパプリカの正体をペリカン石鹸さんに質問してみました。

酸化鉄とマイカは石鹸のボディをピンク色にするために使われているのでしょうか。
タール系色素フリーなのはとても嬉しいのですが、酸化鉄とマイカはお肌や健康への問題はないのでしょうか。

 

石けんの着色に使用していますが、どちらも危険性はありません。

 

石鹸の中に入っている、赤くて細長いゼリーのようなものは何ですか。
こちらの着色に「マイカ」が使われているのでしょうか。

 

石鹸を装飾的に仕上げるために、不透明なピンク色の石鹸に半透明な赤い石鹸を散らしています。
赤い色は酸化鉄です。
美容ライターなぎさ
なぎさ
赤いのも石鹸なんだ!
結構手が込んでるのね。

私が購入したお店では、一部の商品がこのようにリボンを付けて売られていました。

マルシェボン クリアソープ(ダマスクローズ)
マルシェボン クリアソープ(ダマスクローズ)

石鹸自体と貼られているシールがかわいいので、リボンを付けただけでプレゼント仕様になります。

使ってみて気になったので、聞いてみた!

人工的な香りがするけど大丈夫?

かなりしっかり香りがあります。
ネットでは「素敵な香り」「高級な香り」と、かなり評価が高いようです。

私は、美容院や高級ホテルの匂いをイメージしました。

ただ今まで私がかいできたダマスクローズの香りとは違うように感じました。

石鹸の成分には「香料、ダマスクバラ花水」と記載があります。

「ダマスクバラ花水」は水蒸気蒸留法で採水する場合と、揮発性有機溶剤抽出法で採水する場合があります。

私は今まで水蒸気蒸留法で採水したものばかりを試していたので、もしかしたら採水方法の違いでいつものダマスクローズの香りと違うと感じたのかも知れません。

それとも香料が影響した香りなのかも知れません。

気になったので、ペリカン石鹸さんに質問してみました。

成分に「ダマスクバラ花水」とありましたが、揮発性有機溶剤抽出法でしょうか。
少し人工的な香りがするのは、「香料」が影響しているのでしょうか。

 

ダマスクバラ花水とは、水蒸気蒸留法でバラの精油を作る際に、得られる芳香蒸留水で、ローズ・アブソリュートではありません。
石鹸に香りを付けるほど強い香りではないため、調合香料で香りを付けています。

石鹸のメインの香りは調合香料の香りのようです。

おそらく私が人工的だと感じたのは、この調合香料の香りのようです。

ダマスクローズの産地も聞いてみました。

ダマスクバラ花水の原産国はどちらですか。

 

産地はブルガリアです。

ダマスクローズの一大産地であるブラジルのダマスクローズが使われていました。

嬉しい大きめサイズ

形は台形の大きめサイズです。

私の手の平に乗せるとこんな感じです。

マルシェボン クリアソープ(ダマスクローズ)
マルシェボン クリアソープ(ダマスクローズ)

サイズは上辺:6.7cm、下辺:7.4cm、高さ:5cm。
重さは100g。

価格は500円(税抜)なので、コスパは悪くないのではないでしょうか。

泡立ちと泡切れがすごくいいけど、ラウレス硫酸Na、ラウリル硫酸Naを使ってるから?危険性はないの?

泡立てネットを使って泡立ててみました。

マルシェボン クリアソープ(ダマスクローズ)の泡
マルシェボン クリアソープ(ダマスクローズ)の泡

かなり泡立ちが良いです。

そしてかなり弾力性があります。

泡をつぶしても戻ってきます。

弾力性がすごい!マルシェボン クリアソープ(ダマスクローズ)
弾力性がすごい!マルシェボン クリアソープ(ダマスクローズ)

泡切れはよいのですが、泡を流した後にお肌に薄いベールがかかったようなしっとり感がありました。

私よりもさらに乾燥肌の友人にも試してもらったのですが、「オイルで洗っているような感じ」と言っていました。

石鹸素地のうち、約33%(約3分の1)が保湿成分*で出来ているので非常にしっとりとした洗い上がりを実現します。

*保湿成分:グリセリン、ソルビトール、PG
パラベンフリー/鉱物油フリー/タール系色素フリー

出典:マルシェボンHP

このしっとり感は保湿成分がたっぷり入っているからだったんですね。

保湿成分のPG(プロピレングリコール)と、洗浄力を高め泡立ちを良くするラウレス硫酸Na、ラウリル硫酸Naについては、その影響について賛否両論があるため、ペリカン石鹸さんに質問してみました。

ラウレス硫酸Na、ラウリル硫酸Naといった合成界面活性剤が入っているようです。
洗浄力や泡だちを良くするためだと思いますが、お肌や健康に害を及ぼすと言われている成分だと認識しています。
一般的にもそのように認識されているようで、こちらの商品の口コミを調べていましたら心配されている声も何件かございました。
石鹸の使用に問題はないのでしょうか。

 

ラウレス硫酸Na、ラウリル硫酸Naは、ボディソープやバスジェルなどにひろく使われ、危険性はありません。
お客様からのスキントラブルのお声も現在のところございません。
ねこのぐれちゃん
ぐれちゃん
危険性がないってはっきり言ってくれたね!

つっぱり感はありません

つっぱり感はありません。

しっとり感があるので気になってお湯で流しすぎたことがあるのですが、その際にはお肌がキュキュッと締まりすぎる感じがありました。

流し過ぎに注意です!

全成分

マルシェボン クリアソープ(ダマスクローズ)のパッケージに記載があった成分は以下です。

【成分】
水、石ケン素地、グリセリン、PG、ソルビトール、ラウレス硫酸Na、ラウリル硫酸Na、香料、ダマスクバラ花水、酸化鉄、酸化亜鉛、マイカ、塩化Na、ステアリン酸、ラウリン酸、ミリスチン酸、ペンテト酸5Na、エチドロン酸4Na

最後に酸化亜鉛について、ペリカン石鹸さんに問い合わせをしてみました。

酸化亜鉛はよく日焼け止めに使われている成分だと認識しています。
消炎、鎮痛、収れん作用があるため、お肌を乾燥させる性質があるようなのですが、なぜ石鹸に使われているのでしょう。
石鹸の使用に問題はないでしょうか。

 

酸化亜鉛は、医薬品などにも使用され、危険性はありません。
石けんに白系の色を付けるために少量使用していますが、洗い流せば肌に残ることもありません。

まとめ

泣いている美容ライターなぎさ
なぎさ
ペリカン石鹸さんに失礼なこともたくさん聞いちゃったから、正直無視されたり怒られたりするかなと思ったんだけど、すごく誠実に対応してくださって、感謝の気持ちでいっぱいです。
博士のアイコン
博士
とは言っても人によってはお肌に合わないこともあるので、おかしいなと思ったらすぐに使用を中止してね。
驚いているなぎさ
なぎさ
失礼ついでに、最後にペリカン石鹸さんにこんなお願いをしてみたよ。
是非、安心成分で人工的な香りがしないダマスクローズの石鹸を作っていただけると、とても嬉しいです。
価格の面で難しいかと思いますが、透明石鹸で中にダマスクローズの花びらが1枚入っているものがあると、すごく素敵だなと思いました。
博士のアイコン
博士
叶うといいね。
マルシェボン ダマスクローズ石鹸
最新情報をチェックしよう!