香りとしっとり感がすごい!ヴェレダのオーガニックローズソープ

オーガニックコスメブランドWELDA(ヴェレダ)から、ダマスクバラエキスが使われている石鹸が販売されているのを発見したので、早速使ってみました。

というわけで、今回はヴェレダ ローズソープを実際に使ってみた口コミと、気になったことをメーカーさんに問い合わせてみた結果をご紹介します。

美容ライターなぎさ
なぎさ
以前足のむくみがひどかった時に、ヴェレダのマッサージオイルをヘビロテしてたわ。
石鹸は初めて使ったけど、かなり気に入ったよ。

ヴェレダはどんなメーカー?

1921年に創業されたスイスの会社

ヴェレダは1921年に、オーストリアの哲学者であり自然科学者であったルドルフ・シュタイナーと、オランダ人の医師イタ・ヴェーグマン、オーストリア出身でミュンヘン大学でドイツ人化学者で薬剤師であったオスカー・シュミーデルによって創設されました。現在ヴェレダは、ホリスティックなオーガニックコスメとアントロポゾフィー医療の医薬品を扱う世界的な企業として、発展を続けています。

出典:WELEDA:公式サイト

ねこのぐれちゃん
ぐれちゃん
自然科学者さんとか、お医者さんとか、薬剤師さんとか、すごい人たちがつくった企業なんだね。
美容ライターなぎさ
なぎさ
安心感が半端ないね。
ヴェレダのスペル「WELDA」はすぐに忘れちゃうけど。
「WE」は「ヴェ」ね。
博士のアイコン
博士
ちなみに本社はスイスにあるよ。

すべての製品が国際オーガニック認定基準「NATRUE」を取得

驚いているなぎさ
なぎさ
オーガニック認定を受けるのはすごく大変と聞くわ。
基準を満たしていることを証明する資料もたくさん提出しないといけないし、その証明をするのにすごくお金がかかるとか…。

オーガニックを認証する機関はいくつもありますが、ヴェレダが認定を受けている「NATRUE(ネイトゥルー)」の認定基準は特に厳しいそうです。

「NATRUE」こだわりの認証基準

一般的に販売されている化粧品の多くは、多くの合成成分を含んでいるのですが、「NATRUE」ではそれらはすべて不要なものと考えられています。そうした考えに基いた「NATRUE」の認証基準は、世界の中でも厳しいと知られています。
配合が認められている原料は「NATRUE」が定めた自然原料・準自然原料・自然同一原料に限定。また、製品ごとに天然由来成分の許容配合率、天然成分や水分の配合率、天然ミネラル等の配合率などの割合が細かく規定されており、さらに製品の製造方法、環境保護、動物保護などに関しても厳しい基準が設定されています。
これらの厳格な基準が基盤となっている「NATRUE」の認証は、その化粧品が可能な限りナチュラルであることを保証してくれているので、消費者は安心して製品を選ぶことができるのです。

WELLEDAでは、すべての製品でこの厳しい「NATRUE」のオーガニック認証を取得しています。原料や成分、製造方法など、すべてにとことんこだわり、最高の製品をお客様にお届けできるよう努めておりますので、その品質を是非感じてみてください。

出典:WELEDA:公式サイト

ヴェレダはその他にも、「自然原料だけを使い、合成保存料・合成着色料・合成香料は使用しない」「医薬品の製造工程と同レベルの品質検査・管理が行われている」など、厳しい品質基準が設けられています。

ねこのぐれちゃん
ぐれちゃん
本気で安心感が半端ないね!

使ってみた口コミ

優雅で上品ないい香りがする

バラをイメージされたと思われるピンク色の箱を開けただけで、いい香りがします。
ローズオットー(水蒸気蒸留法で採油されたバラの精油)とはまた違った香りなのですが、嫌な感じはしません。
酸味(すっぱさ)はなく、濃厚で大人っぽい香りです。

パッケージに「エレガントなローズの香り」と記載がありますが、まさに「エレガント」という言葉がぴったりです。

長持ちしそうな大きめサイズ

石鹸は白い紙に包まれていました。

白い紙に包まれているヴェレダのローズソープ
白い紙に包まれているヴェレダのローズソープ
美容ライターなぎさ
なぎさ
硬派な昔ながらの固形石鹸を思い出したわ。

サイズは、横:8cm、縦:5cm、厚み:2.5cm、重さ100gです。

私(女性)の手の平に乗せるとこんな感じ↓。

ヴェレダのローズソープを手のひらに乗せたところ
ヴェレダのローズソープを手のひらに乗せたところ

大きめサイズで長く使えそうです。

メレンゲのような柔らかい泡

泡立てネットを使って泡立たところです↓。

ヴェレダのローズソープを泡立てたところ
ヴェレダのローズソープを泡立てたところ

泡立ちがかなりよく、細かくて柔らかい泡ができます。

美容ライターなぎさ
なぎさ
この泡、肌にあたるととっても気持ちがいいのよ!
ローズの香りがほんのりするし、リラックスできるわ。

かなりしっとりした洗い上がり

泡切れは良いのですが、泡が落ちた後に何かべールのようなものに包まれたようなしっとり感があります。

パッケージに、以下の記載がありました。

― 乾燥肌に、バラの香り ―

・クリーミーな泡でやさしく汚れを落とします。
天然植物成分の保湿効果でしっとりとした洗上がり
・エレガントなローズの香り

出典:ヴェレダ ローズソープパッケージ

乾燥肌用に作られた、保湿成分がたっぷり入った石鹸のようです。

全成分

パーム脂肪酸Na、ヤシ脂肪酸Na、水、オリーブ脂肪酸Na、グリセリン、香料*、ダマスクバラエキス、塩化Na、ステアリン酸Na
*天然由来成分

ヴェレダのサイトには、成分について辞書的に調べられる機能がありました。

気になる成分がいくつかあったので、調べてみました。

【パーム脂肪酸Na】
パームヤシ油をけん化(石けんの製造工程)して得られる固形の純石けん成分のことです。石けんベースの洗浄剤として使用しています。

【ヤシ脂肪酸Na】
ヤシ油をけん化(石けんの製造工程)して得られる固形の純石けん成分です。石けんベースの洗浄剤として使用しています。

【オリーブ脂肪酸Na】
オリーブ油をけん化(石けんの製造工程)して得られる固形の純石けん成分です。石けんベースの洗浄剤として使用しています。

【塩化Na】
塩のことですが、ヴェレダでは天然の海塩を使用しています。収斂作用があり、また製品の増粘剤としても用いられます。

【ステアリン酸Na】
植物油をけん化(石けんの製造工程)して得られるステアリン酸のナトリウム塩です。石けんベースの洗浄剤として使用しています。

出典:WELEDA:公式サイト

ねこのぐれちゃん
ぐれちゃん
成分を1つ1つ分かりやすく解説してくれてるから、やっぱり安心感が半端ないね。
美容ライターなぎさ
なぎさ
同じ石鹸でもメーカーさんによって配合成分が全然違うところが興味深いわね。

ヴェレダさんに聞いてみた!

気になったことを販売元であるヴェレダ・ジャパンさんに質問してみました!

顔にも使えますか?

ヴェレダのオンラインショップに「乾燥肌のためのボディ用化粧石鹸」という記載を発見しました。
私は顔にも使っているのですが、もしかしてこれは身体専用の石鹸でしょうか。

オンラインショップに「ボディ用化粧石鹸」と記載がありますが、顔には使わない方が良いのでしょうか。

 

恐れ入りますが、ローズソープはお身体用の石けんのため、お顔にはご使用いただけません
泣いている美容ライターなぎさ
なぎさ
あー。顔に使っちゃってたよ~。
パッケージにも「身体用」って書いて欲しいなあ。
かなり泡が柔らかいからか目の中に入ったんだけどめちゃくちゃ痛かったよ~。
だから顔にはNGなのかもね。
ねこのぐれちゃん
ぐれちゃん
顔も身体もOKなら一気に洗えて便利なのにね。

この香りはダマスクローズですか?

この石鹸、エレガントなとっても良い香りがするのですが、純粋なダマスクローズオットー(水蒸気蒸留法で採油されたダマスクローズの精油)の香りとは違うような気がします。

パッケージには、「香料* ダマスクバラエキス *天然由来成分 」と記載がありましたが、これは何を元に作られた香りなのか気になるところです。

とても優雅で上品な香りがしますが、この香りはダマスクローズでしょうか。

 

誠に申し訳ございませんが、香料として表示しているエッセンシャルオイルの配合内容は企業秘密になっており、公開することができません。
美容ライターなぎさ
なぎさ
ダマスクローズの香りかどうかだけでも教えて欲しかったな。

ダマスクバラエキスって何ですか?

パッケージの<全配合成分>にダマスクバラエキスと記載がありますが、これが何を差しているのか気になるところです。
ダマスクローズオットー(水蒸気蒸留法で採油したダマスクローズオイル)なのか、ローズアブソリュート(揮発性有機溶剤抽出法で採油したダマスクローズオイル)なのか、はたまたローズウォーターなのか…。

「ダマスクバラエキス」とはローズオットーのことですか。

 

原料の産地については、品質保持と安定供給の観点から年によって異なるため、恐れ入りますが、お答えいたしかねます。

 

どこの国のダマスクローズを使用されていますか。

 

原料の産地については、品質保持と安定供給の観点から年によって異なるため、恐れ入りますが、お答えいたしかねます。
美容ライターなぎさ
なぎさ
ダマスクローズマニアからしたら残念な回答だわ。
ねこのぐれちゃん
ぐれちゃん
同業者と思われちゃったんじゃないの?

ワイルドローズが使われているそうですが、種類は何ですか?

ヴェレダのオンラインショップに以下の記載がありました。

キープラント:ワイルドローズ

南米チリに自生する力強いワイルドローズは、およそ植物の生育に適さない土壌にでも繁殖するバイタリティがあります。赤い実の中にある種子のオイルは美容成分として名高い「ローズヒップ」として知られ、「必須脂肪酸」を約80%も含んでいます。肌にしっとりとした潤いとハリを与え、乾燥肌や体調などでバランスを崩しやすい「ゆらぎ肌」におすすめです。

出典:出典:WELEDA:公式サイト

この石鹸には、南米チリに自生する力強いワイルドローズを使用されているようなのですが、これはダマスクローズではないのでしょうか。

オンラインショップに「チリに自生する力強いワイルドローズ」と記載がありますが、このバラの種類は何ですか。
ダマスクローズではないのですか。

 

ワイルドローズになります。オンラインショップ内ローズソープのキープラントにワイルドローズを掲載しておりますが、
ローズソープにワイルドローズは配合しておりません。誤った掲載をしておりたいへん申し訳ございません。
深くお詫び申し上げます。キープラントにつきましては削除をいたしました。
オンラインショップに“赤い実の中にある種子のオイルは美容成分として名高い「ローズヒップ」として知られ、「必須脂肪酸」を約80%も含んでいます。”と記載がありますが、これは配合成分に記載されているどちらにあたるのでしょうか。
泡を流した後、まるでオイルのベールで包まれるようなしっとり感があるのですが、これはこの成分によるものなのでしょうか。

 

ご指摘の記載につきましてもワイルドローズのご案内となり、ローズソープには配合しておりません。
しっとり感はダマスクバラエキスの保湿効果になります。
泣いている美容ライターなぎさ
なぎさ
残念ながら密かに心ときめいていた「ローズヒップ」の「必須脂肪酸」含まれていませんでした。でもしっとり感はダマスクバラエキスの保湿効果ということが分かったから良かったかな。
ねこのぐれちゃん
ぐれちゃん
上記の表記はしっかり削除してくださってました。
うるさい客でごめんね。

なぜ卵色をしているんですか?

この石鹸は真っ白ではなく、黄みがかった卵色をしています。
石鹸ではあまり見ない色なので、質問してみました。

石鹸が全体的に卵色をしているのですが、これは何の色でしょうか。

 

精油の色が影響していると思われます。
美容ライターなぎさ
なぎさ
精油って、ダマスクローズオットーかな。
ローズオットーも黄色いしな~。
だったらすごく嬉しいんだけど。
教えていただけなくて残念。
ねこのぐれちゃん
ぐれちゃん
だからなぎちゃん、同業者とか怪しい人だと思われたんだって…。

まとめ

美容ライターなぎさ
なぎさ
成分、使用感共に大満足の石鹸でした。
ヴェレダには今後も注目していくよー!
ダマスクローズの商品をもっと出してください、ヴェレダさん。
いっぱい困らせるような質問をしてしまい、申し訳ございませんでした…。

ヴェレダのローズソープ
最新情報をチェックしよう!